もはやエントリー向けネットブック。iPad 第七世代の開封レビュー!!

こんにちは!パンダモバイルです。

本日は先月発売されました新作iPadについてレビューしていきたいと思います!!!

気になるお値段と使い心地やいかに。見ていきたいと思います!

 

目次

 

スペック

 

比較のために今回は前作の第六世代の仕様も載せておきます。基本的に変わったところはありません。

今回のレビューではCellularモデルを使用しております。

 

製品名 iPad 第七世代 iPad 第六世代
仕上げ

シルバー、ゴールド、スペースグレイ

容量 32GB 128GB
サイズ

高さ : 250.6mm

幅 : 174.1mm

厚さ : 7.5mm

質量 : Wi-Fiモデル 483g   Wi-Fi+Cellularモデル 493g

高さ : 240mm

幅 : 169.5mm

厚さ : 7.5mm

質量 : Wi-Fiモデル 469g

Wi-F+Cellularモデル 478g

コネクタ Lightning
同梱物 iPad Lightning – USBケーブル USB電源アダプタ
ディスプレイ

10.2インチ Retinaディスプレイ 2160 × 1620ピクセル

ISPテクノロジー搭載 LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ

耐指紋性撥油コーティング

Apple Pencil(第1世代)に対応

9.7インチ Retinaディスプレイ 2048 × 1536ピクセル

ISPテクノロジー搭載 LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ

耐指紋性撥油コーティング

Apple Pencil(第1世代)に対応

チップ

64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ

組み込み型M10コプロセッサ

カメラ 背面 8メガピクセル 前面1.2メガピクセル
ビデオ撮影

1080p HDビデオ撮影(30fps)

720p(120fps)スローモーションビデオに対応

手振れ補正機能を使ったタイムラプスビデオ

ビデオの手振れ補正

人体検出と顔検出

3倍ビデオズーム

ビデオへのジオタグ添付

1080p HDビデオ撮影(30fps)

スローモーションビデオに対応(240fps)

手振れ補正機能を使ったタイムラプスビデオ

ビデオの手振れ補正

3倍ビデオズーム

ビデオへのジオタグ添付

Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac 2.4GHz / 5GHz MIMO対応HT80 Bluetooth 4.2テクノロジー
その他 Smart Keyboard対応

出典 ; Apple公式ページ 技術仕様

            https://www.apple.com/jp/ipad-10.2/specs/

            https://support.apple.com/kb/SP774?locale=ja_JP

 

変わったところはカメラの人体検出と顔検出、そしてスマートキーボードに対応したことぐらいです。人体検出と顔検出については、まったくと言ってもいいほどスペックが同じことから、今後ソフトウェアアップデートで第6世代も対応できるかも?しれません。

厳密にいえば画面サイズや本体サイズ、対応バンドなど変わったところは探せばありますが、大きくも小さくも変わったところはSmart Keyboardに対応した点だけです。

チップセットもA10 Fusionチップと、3年前にiPhone 7が出た頃のものと同様の種類となります。価格を抑え、エントリー向けに造られた簡易PCを持ちたいユーザー向けの1台と言えるでしょう。しかし、公式サイトではBluetoothでつないでXBOXやPlay Stationにつないでゲームもどうぞと紹介されています。Wi-FiはIEEE802.11acまで対応しており高速通信ができますのでネットブックのような使い方もできそうな機種とも感じました。

その他、詳しい仕様については上記リンクからApple公式サイトをご参照ください。

 

外観

 

それでは外観を見ていきたいと思います。今回はWi-Fi + Cellularモデルを使いました。

 

 

まず外観はこんな感じ。いつも通りシュリンクを向いた後です。

箱を開けるといきなりiPadが入っていました。

付属品一式になります。上から冊子とSIMピンの入った紙一式、Lightningケーブルになります。

それでは端末本体も見ていきましょう。

前面はこんな感じ。10.2インチと若干大きくなりました。

背面はこんな感じ。いたってシンプルなデザインです。

側面です。画面向かって左側には、Smart Keyboardに対応したため、Smart Connectorが中央にあ

右側には上部に音量ボタンと下部にSIMトレーがあります。

SIMトレーを開くと….

nanoSIM対応になります。

上部はこんな感じです。左側にイヤホンジャック右に電源ボタンがあります。

下部はスピーカーとLightningコネクタがあります。USB – Cの対応はまだまだ先になりそうです。

 

こんな感じで目新しいものは特にございません。

 

使ってみた

 

商品レビューで使うとなるとだいぶ選択は限られてきますが、想定されるシーンを見ていきたいと思います。

 

今はメモを出していますが、マイクロソフトで言えばWordだったり、Googleで言えばドキュメントだったり、ほぼパソコンと同じような使い方が出来るようになりました。Smart keyboadを使えば画面のキーボードは表示されないため、大画面で作業ができます。別売のApple Pencilを使えば紙のノートと同じように自由に書くことができます。

 

そして、これからはApple公式サイトの情報にはなってしまいますが、一度に複数のアプリケーションを開くことができます。例えば、Safariで調べ物のついでにメモを取ったり、Smart Keyboardをつけた状態で編集中にFaceTimeで通話もできたりと使う方それぞれのシーンに合わせて便利に使うことができます。

 

iPhone 7と同じチップセットではありますが、処理能力でそこまで劣るようなものではありません。上記にある通り複数のアプリを同時に開くこともできますし、Bluetoothに対応するPS4やXBOXのコントローラーをペアリングすることによってゲームも楽しむことだってできます。ゲームについて、詳しくはApple公式サイトにてチェックしてみてください。

出典; Apple Arcade – Apple (日本)

 

まとめ

 

このiPadの最大の魅力はとにかく安いことです。数あるiPadの中でもスペックは一番低いですが、新品でも3万円台からと、一番安いエントリーモデルとなっています。しかし、ゲームだってちゃんとできるモデルですし、ネットブック+αのような感じでビジネスシーンにも問題ない魅力的な端末ではないでしょうか。

 

特におすすめできる層としては学生さんや新社会人の方々にはピッタリの一台と言えそうですね。パソコンは持っていないけれど、書類の作成、レポートの提出など、家でも外でも使いたい!そしてお休みの日にはゲームやApple TVで映画鑑賞(*´▽`*)といったような使い方が想定されます。

 

これから社会人の方は年末や年度末に向かって大忙し、そして学生さんは次の進路や卒論で大変な時期かと思われます。ぜひ、効率よく作業できるかなと思ったらiPad試してみてはいかがでしょうか。

 

パンダモバイルも入荷次第随時更新していきますのでこちらからチェックをよろしくお願いします!!!

Twitterでも情報発信しております。フォローもお忘れなく。@mobilepanda

 

それでは今回はここまで。最新情報は随時更新していきますのでブックマークをよろしくお願いします!!

再入荷お知らせメール登録 メールアドレスを登録すると再入荷のお知らせをお送りします。
メールアドレス あなたの個人情報は安全に保護されます。